クロール&デネッケ
クロール&デネッケは1897年、ドイツで天然海綿スポンジのメーカーとしてグスタフ クロールとテオドル デネッケが創業。
地中海、カリブ海で採取した海綿を加工して海綿スポンジとして製品化し、ヨーロッパ中に販売し発展しました。
現在は100年の経験とノウハウが4代目に受け継がれ、伝統的な製法で作られた高級海綿スポンジを中心とした天然素材のバス&ボディ雑貨を取り扱うブランドとして展開しています。